わらしべ長者町の

写真付き切手展示館

@nifty館


 2003年4月、日本郵政公社が誕生しました。そして、同月の下旬から、切手の下のタブに自分の写真を入れることができる「写真付き切手」のデモンストレーション販売が、東京都内8カ所で開始されました。
 最初は興味なかったのです。自分の写真が入ったタブがついた切手なんて。でも、何カ所か回っていると、バックシートのデザインが場所ごとに違っていたり、どんな経路で回ったら効率的かなんて考える、小さな旅の楽しさも加わってきました。
 6月には通信販売が開始されて、自分であらかじめ撮った写真でつくることもできるようになりました。そして9月には、通信販売用でも1000シート以上作る場合は、自由にバックシートデザインを変えることができるようになり、ローカルな記念切手、私的な記念切手があちこちで発売されるようになると、その魅力に引きつけられてしまいました。

 正当派の切手収集家からすれば、こんなの切手じゃないです。だって、集めているのは、同じ切手ばかり。違うのは、タブとシート地。つまり切手じゃないところにばかり注目しているのですから。でも、それが楽しいのです。駅弁愛好家だって、弁当そのものをコレクションしている人はほとんどいないでしょ。みんな、掛け紙やら写真やら、弁当そのものじゃないものをコレクションしているのです。でも、そんな掛け紙を見ていると、その弁当を買ったときのこと、食べたときのことが思い浮かんで楽しくなるんです。
 実は、写真付き切手収集もこれに似ていると思っています。販売情報を手に入れるのが大変。ようやく手に入れる。その時の苦労や、手に入れるまでの小さな旅を思い起こす。他人にはわからない、楽しみがたくさん詰まっているのが、この写真付き切手だと思っています。

このWebサイト内のページは、1024×768ピクセルの画面でブラウザを最大化したときに、切手シート画像全体が見えるようにしてあります。これより小さい画面やブラウザを小さくしていると、切手シート画像全体を見るのにスクロールが必要になることをご了解下さい。


公開開始 2004.8.5
更新 2008.7.9(郵便局株式会社支社版フレーム切手情報情報を追加)
2008年6月のHDクラッシュで制作前のスキャンデータがすべてダメになり超やる気ナシモードです。
でも、支社版の一覧データがないと困るというご意見をいただき、そこだけ何とか作りました。

歴  史
デモンストレーション販売 展示室
通信販売 スタンダード版(50円・80円・90円) 展示室
    ・通信販売 タブ画像を作って注文する楽しみ
通信販売 オリジナル版 80円10面 展示室
    ・通信販売 オリジナル版販売品 都道府県別 展示室
    ・日本郵政公社 支社企画フレーム切手 資料室
    ・郵便局株式会社 支社企画フレーム切手 資料室
    ・郵便局株式会社 本社発表フレーム切手 資料室
    ・日本郵便株式会社 支社企画フレーム切手(消費税5%) 資料室
    ・日本郵便株式会社 支社企画フレーム切手(消費税8%) 資料室 
想定外の作成形態(推論コーナー)
購入と整理
写真付き切手 取り扱い切手店めぐり
購入実践記録 鉄&Pの旅
管理者について
ブログ
リ ン ク